平成30年度 定期監査の結果に関する報告

CIMG2783 CIMG2836 CIMG2823 CIMG2839

21日、「平成30年度 定期監査の結果に関する報告」を知事と県議会議長に提出しました。
4月~9月現地機関監査、7月~8月本庁監査を経て、県の全352機関の監査結果をまとめ報告に至りました。
定期監査の指摘、指導及び検討事項の件数は、昨年度の42件から26件と減少し、毎年の地道な定期監査の効果であります。
私は、現地機関監査を踏まえ、県からの注工事において、入札中止が142件(4.3%)と多く、入札参加業者に多大な迷惑をかけ、工期が遅れることから、原因把握と再発防止を知事にも口頭で求めました。
まだ監査委員としての調査などはありますが、県議とはまた違った角度から調査することができ、新たな気付きが多く、大変貴重な経験をさせていただきました。