手話言語法制定に向けての要望活動

27日、長野県聴覚障害者協会の「手話言語法制定」に向けての要望活動に、顧問として荒井県議、中川県議とともに参加しました。
長野県選出国会議員12名の事務所に伺い、手話言語法制定に向けて強く要望をしました。(本人対応は、若林、小松、木内、篠原各議員)
長野県では、県議会をはじめ、全市町村議会から同法の制定の意見書が提出され、県では「手話言語条例」制定に向けて準備されている現状です。
かつては、ろう学校で手話は禁止され、大変苦労されたようであります。
すでに「手話は言語である」と定義した「障害者権利条約」が国連総会で採択されている現在、手話言語法の早期制定が必要と考えます。
DSC02119 DSC02131 DSC02136 DSC02138 DSC02141