第54回チベット経宝篋印塔世界平和祈願法要

3日の恒例行事、「チベット経宝篋印塔世界平和祈願法要」が行われ、初当選以来19年連続で出席させていただきました。
元教員の皆様方が54年前に奉賛会を結成し、箱清水の霊山寺に建立、第2次世界大戦で犠牲になったチベット人の供養塔になっています。
チベット語が刻印されているのは、日本ではこの塔のみで、以前ダライ・ラマ14世が長野に講演に来た時に、立ち寄り平和祈願をされてきました
特に現在、世界情勢が不安定でありますので、世界平和を例年より強い気持ちで祈願しました。